症状固定 / 事前認定と被害者請求 の基礎知識

交通事故における後遺障害とは

症状固定事前認定と被害者請求

後遺障害とは

自賠責保険の後遺障害は、140種の後遺障害が最も重たい障害から順に1級から14級まで等級が階級分けされています。交通事故の損害賠償では、この等級に該当する障害が後遺障害となります。

この後遺障害等級に該当しない後遺症は、症状として残っていても自賠責保険金は受け取ることはできません。

後遺障害等級表はこちら

 

後遺障害として認定されたらどうなるの?

自賠責保険においては、等級が認定された「後遺障害」のみが賠償の対象となります。

そのため、いくら症状が残っても、後遺障害等級認定されない限り、自賠責保険支払いの対象とはなりません。そのため、後遺障害等級に認定されることは非常に重要なポイントとなります。

そのほか、賠償項目としては大きな部分を占める「後遺障害逸失利益(後遺症による逸失利益)」や「後遺障害慰謝料」についても、任意保険会社に対して請求が可能となります。

 

症状固定と後遺障害認定

①症状固定をすると、

症状固定前に請求可能な休業損害や、入通院慰謝料治療費通院交通費諸雑費等のいわゆる「傷害部分」の請求は、症状固定日までに発生した分のみが支払い対象であり、症状固定後の治療費は請求することはできません。

②症状固定したのちは、

 残存する症状に関しては、被害者は後遺障害として申請します。後遺障害の等級の認定を受けた場合、後遺障害慰謝料、逸失利益等を請求することができます。つまり、症状固定により治療費や休業損害の支払いは停止されることになりますが、症状固定時点での症状については「後遺障害」となり、今後は「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」として賠償請求することになります。

症状固定前と症状固定後

症状固定とすると、保険会社に症状固定後の治療費や休業損害を請求できなくなる一方、症状固定の時期を長引かせることによって、後遺障害等級の認定が受けられず最終的に受け取る金額が少なくなる場合もありますので、慎重に判断する必要があります。

 

object(WP_Post)#4556 (24) { ["ID"]=> int(4659) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2014-03-04 14:49:32" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2014-03-04 05:49:32" ["post_content"]=> string(6027) "

後遺障害等級を認定する機関

自賠責保険の後遺障害等級とは、後遺障害の状態や内容によって、140種の後遺障害が最も重たい障害から順に1級から14級まで等級が階級分けされています。交通事故の損害賠償では、この等級に該当する障害が後遺障害となります。この後遺障害等級に該当しない後遺症は、症状として残っていても自賠責保険金は受け取ることはできません。

後遺障害等級は、損害保険料率算出機構・自賠責損害調査センター調査事務所という機関が認定をします。

自賠責損害調査センター事務所は請求書類に基づいて、事故発生の状況、支払いの的確性、損害額等を公正かつ中立な立場で調査を行います。

後遺障害等級申請の時期

 後遺障害等級の申請は、受傷から6ヵ月過ぎれば可能です

 

後遺障害等級申請の必要書類

後遺障害申請に必要な資料は、後遺障害診断書、そのほか受傷時や症状固定時の画像(レントゲン、CT、MRIなど)もあればそれらを添付して、申請します。

後遺障害診断書の取り寄せ方法

後遺障害診断書は定型の書式を使用する必要があります。

後遺障害診断書は、治療費を支払っている保険会社に依頼し、取り寄せることができますし、自賠責損害調査センター調査事務所から取り寄せることもできます。

また、下記から書式をダウンロードすることもできますので、ご利用ください。

後遺障害診断書書式

請求の方法(事前認定と被害者請求)

後遺障害等級認定手続きは、加害者の任意保険会社が自賠責損害調査事務所に等級認定依頼をする方法「事前認定」被害者自身(又はその代理人)が申請する方法「被害者請求」があります。

相手方保険会社からは、「後遺障害等級認定手続きはこちらで行う」と言われることがあるかもしれませんが、被害者請求手続きをとることをお勧めします。

● 事前認定は相手方保険会社が申請するので、被害者には不透明な部分がどうしても残ります

● 被害者請求の場合は、後遺障害等級認定時に自賠責保険から保険金が支払われます。事前認定では、解決時に自賠責保険金を含む賠償金が相手方保険会社から支払われます。つまり、自賠責保険金は、いずれ示談となった際には、被害者に振り込まれますが、それまでは保険会社が握ったままとなってしまいます。

 例えば、被害者請求にて顔面の醜状痕にて後遺障害等級9級16号が認定された場合、自賠責保険から616万円が被害者の指定する保険口座に支払われますが、事前認定だと示談成立まで保険会社が握ってしまうことになります。

後遺障害診断書には誰に何を書いてもらえばよいのか

 後遺障害診断書は、医師に書いてもらう必要があります。一般的には治療を行っていた医師に書いてもらいますが、ごくまれに後遺障害診断書を書いてくれない医師がいるので、その場合は他の医師を探さなければなりません。

後遺障害診断書には、傷病名、自覚症状、他覚的症状などが記載されます。自賠責損害調査センター調査事務所はこの後遺障害診断書の記載や検査結果、画像を根拠に等級を認定するため、この後遺障害診断書の記載は自賠責の後遺障害等級を受けるうえで、非常に重要な要素となります。

弊事務所では、後遺障害後遺障害診断書の記載方法や提出する画像等、適正な後遺障害の認定を受けるためのサポートも行っております。

初回は完全無料相談ですので、お気軽にご相談ください。

" ["post_title"]=> string(27) "後遺障害認定の手続" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(9) "post-4659" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-11-24 20:09:57" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-11-24 11:09:57" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(53) "http://www.nhlaw.jp/?post_type=knowledges&p=1752" ["menu_order"]=> int(11) ["post_type"]=> string(10) "knowledges" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" }

基礎知識 関連記事

症状固定 基礎知識一覧

事前認定と被害者請求 基礎知識一覧

解決事例 関連記事

関連コラム記事

症状固定に関するコラム

中村・橋本法律事務所は何度でも相談無料。
ご予約専用フリーダイヤル 0120-750-270
受付時間 平日9:00~18:00