示談交渉 / 弁護士に委任するメリットのコラム

交通事故の示談内容を弁護士に相談することのメリット【コラム】

示談交渉弁護士に委任するメリット

交通事故の示談交渉は、被害者にとって大変難しいものです。

交通事故の被害者は、

① 交通事故によるお怪我の痛み

② 示談交渉による時間的な拘束

③ 示談交渉による精神的負担や不安

④ 交通事故の損害賠償請求の知識の習得の負担 など、様々な負担や不安を強いられます。

被害者と加害者の本人同士で話をする場合、お互いの利害関係が対立したり、感情的になったりして、なかなかまとまらないこともあります。

弊事務所へのご相談の中には、加害者本人の謝罪がない、誠意が伝わってこないとお怒りの方はとても多いです。

加害者側の保険会社が窓口になる場合、保険会社の担当者が高圧的な態度だったり、示談案の受諾を何度も電話で督促されたりすることにより、被害者の方が精神的に疲れ果ててしまったという話も時折伺います。

また、業務として交通事故を扱っている保険会社の担当者と被害者では交通事故賠償に関する知識に差があるため、被害者の方としては「この示談金額は適正なのだろうか。」という不安や疑問もあるでしょう。

弊事務所では、交通事故の被害者の方のさまざまな負担や不安を解消するために無料相談を承っております。

弁護士に相談すると、高額の弁護士費用を取られてしまうのではないかという方もいらっしゃるかもしれませんが、相談は何度でも無料ですのでご安心ください。

弁護士費用は、弁護士が受任させていただき、相手方保険会社との窓口になる段階で初めて発生します。

その際も費用に関して、口頭及び書面にて、ご説明させていただいております。

費用面でご納得いただけなければ、その時点でお断り頂いても全く問題はありません。

相談するタイミングとしては、交通事故に遭われて、出来るだけ早い段階でのご相談をお勧めします。

なぜなら、お怪我の状態によっては、治療段階でレントゲンなどの画像の取得が、後々の賠償請求で重要な証拠となることもあるので、治療段階でのアドバイスもさせていただけるからです。

また、弊事務所では、ご相談にいらっしゃるみなさんに「加害者側の保険会社から賠償案の提示を受けたら、署名する前に必ず弁護士にご相談下さい。」とお願いしています。それは、示談案に署名してしまった後に、その示談額が不適正だとわかっても、示談書に署名した後に増額することは極めて難しい(ほぼ不可能)だからです。

また、保険会社は弁護士が介入することで、示談額を増額する傾向にあります。

弊事務所では、保険会社の提示金額の妥当性についてご相談いただいた方には、無料でその示談額から今後どのくらいの増額が見込めるか、弁護士に委任した場合の増額の見込みなどをアドバイスさせていただいております。

弁護士に委任しても大幅な増額が難しい方や、増額はできても弁護士費用を差し引くと手取り額が減ってしまう方には、その旨をきちんとご説明させていただいております。

そのような方には、電話によるアドバイスやサポートをさせていただいておりますので、示談書に署名する前に、まずはご相談ください。

弊事務所の「解決事例」のページでは、保険会社の提示額と弁護士が受任した後の実際の解決額を、掲載しておりますので、ぜひご参考になさってください。

関連コラム記事

示談交渉に関するコラム

弁護士に委任するメリットに関するコラム

基礎知識 関連記事

示談案の提示、示談交渉 基礎知識一覧

中村・橋本法律事務所は何度でも相談無料。
ご予約専用フリーダイヤル 0120-750-270
受付時間 平日9:00~18:00