示談交渉 / 弁護士に委任するメリットのコラム

交通事故に関して弁護士に相談することの意義【コラム】

示談交渉弁護士に委任するメリット

交通事故の被害者は、加害者が任意保険に加入している場合には加害者が加入している任意保険会社の担当者と、加害者が任意保険に加入していない場合には加害者本人と、車の修理費、治療費、通院交通費、慰謝料などについて話し合いや交渉をします。

この交渉は、被害者の方ご本人でももちろんできますが、当事務所では交通事故に遭遇してしまった初期の段階で一度、交通事故分野に強い弁護士に相談することをお勧めします。

理由のひとつ目としては、交通事故によって負ったお怪我の状態によっては、初期の段階でレントゲンやMRIなどの画像を取得しておくことが望ましい場合があるからです。

後遺障害の内容によっては、交通事故直後の画像が交通事故との相当因果関係を証明する証拠として重要になります。

早い段階で弁護士に相談することで、証明に必要な資料を準備することが可能です。

二つ目の理由としては、交通事故後の今後の流れについて予め説明を受けることが出来ます。

交通事故は一生に一度あるかないかの経験です。

多くの方は、交通事故で受傷した際、この先の手続きの流れがどうなるのか見当がつかないでしょう。

交通事故分野を扱っている弁護士から、予め説明を受けることである程度の見通しを立てることもできるでしょう。

三つ目の理由としては、ご自身や同居のご家族がご加入している自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合、弁護士費用特約を利用して、加害者側の任意保険会社との連絡や交渉などを弁護士に任せることが出来ます。

そうすれば、交渉の煩わしさから解放されて、治療に専念することができます。

また、加害者側の保険会社から示談金の案が提示された場合も、示談書にサインをする前に弁護士に相談すると良いでしょう。

保険会社が提示する示談金額は、裁判による金額に比べて低い傾向があり、弁護士が交渉することにより示談金額の増額の可能性があります。

当事務所では、保険会社が提示する示談金額が妥当であるかどうか無料で相談を受付けておりますので、どうぞご利用ください。

関連コラム記事

示談交渉に関するコラム

弁護士に委任するメリットに関するコラム

基礎知識 関連記事

示談案の提示、示談交渉 基礎知識一覧

中村・橋本法律事務所は何度でも相談無料。
ご予約専用フリーダイヤル 0120-750-270
受付時間 平日9:00~18:00