治療 / むちうちのコラム

交通事故でむち打ちになるケース【コラム】

治療むちうち

自分には全く非がないのに、不幸にして交通事故の被害者になってしまうことがあります。

交通事故によりひどいけがを負ってしまったときは、すぐに病院に運ばれて入院やけがの治療を受けますが、そのときに痛みを感じない場合など大丈夫だと過信して、病院へ行かずに自宅に帰ってしまうこともあるでしょう。

交通事故に遭った直後には緊張もあって痛みを感じなくても、数日たってくると、体に痛みや異変を感じることもあります。

首や肩など体に痛みや違和感があったら速やかに、病院に行くことを強くお勧めします。

そのうちに治るだろうと思って何日も放置しておくと、交通事故と関連性のない痛みとして、治療費を支払ってもらえないリスクもあるからです。

特に、むち打ちなどは、放っておくとあとから、痛みがぶり返してしまうこともあります。

また、季節や天候により痛みの症状が強くなる場合もあります。

ですから、痛みを感じる場合は我慢をせずに、まめに病院へ通い一日も早く症状が軽快するよう治療に専念しましょう。

ほとんどのケースでは、加害者側の任意保険会社が治療費を立て替えます。

病院を変更するときなどは、予め変更する旨を加害者側の任意保険会社の担当者に伝え、了承を得ておきましょう。

治療をしてもなかなか治らない、あるいは加害者側の保険会社から、一方的に治療費を打ち切られたときは、一人で悩まないことが大切です。

弁護士の無料相談などもあるので、相談してみるのもいいでしょう。

中村・橋本法律事務所は何度でも相談無料。
ご予約専用フリーダイヤル 0120-750-270
受付時間 平日9:00~18:00