交通事故発生 / 事故直後の警察届出のコラム

交通事故に巻き込まれてしまったら…【コラム】

交通事故発生事故直後の警察届出

誰もが遭遇してしまう可能性があるのが交通事故です。

もし、交通事故に巻き込まれてしまったら、どうすればよいでしょうか。

今回は、事故直後の対応をご説明致します。

まずは、警察へ連絡をしましょう。

場合によっては、衝突地点などを特定するため、車両を移動する前に、写真を撮影しておくと良いでしょう。

もちろん、携帯電話やスマートフォンのカメラで構いません。

事故により怪我をされてしまった場合には、人身事故として処理してもらう必要がありますので、病院から診断書を取得し、警察へ提出して下さい。

中には、怪我をされてしまったにもかかわらず、「加害者から物損事故で処理したいとお願いされた。」、「保険会社から、人身事故と物損事故では賠償金額が異ならないと言われた。」などのご事情により、物損事故のまま処理されているケースが見受けられます。

しかし、物損事故のままだと、実況見分が実施されないため、過失割合が争点となった時に事実認定が困難となる恐れがあります。

そのため、事故により怪我をされた場合には、警察へ診断書を提出し、人身事故として処理することが必要です。

事故が発生してから相当期間が経過してしまうと、人身事故への切り替えが困難となる場合がありますので、速やかに人身事故へ切り替えるようにしましょう。

稀に、上記のような流れを踏まず、加害者が、事故現場で、当事者間の話し合いにより解決を図ろうとするケースがあります。

しかし、これは非常に危険です。仮に、示談をしてしまうと、その後に治療が必要となった場合に、治療費などの損害を請求することが困難となってしまいます。

そのため、もし、加害者から「警察に連絡しないでほしい。」、「お金をすぐ支払うから、これで示談としてほしい。」など言われたとしても、このような要求には応じず、警察へ事故の連絡をして、病院を受診するようにしましょう。

関連コラム記事

交通事故発生に関するコラム

事故直後の警察届出に関するコラム

基礎知識 関連記事

事故直後の警察届出 基礎知識一覧

交通事故発生 基礎知識一覧

中村・橋本法律事務所は何度でも相談無料。
ご予約専用フリーダイヤル 0120-750-270
受付時間 平日9:00~18:00