解決・特約 / 保険特約のコラム

万が一に備えて…【コラム】

解決・特約保険特約

私たちの生活には、自動車が欠かせないと言っても過言ではありません。買い物、送迎や趣味など、私たちは至る所で自動車を利用しています。しかし、このように大変便利な自動車ですが、いつでも安心して自動車を利用するためにも、万が一の事態に備えて、きちんと保険へ加入しておくことが必要です。

自動車保険には、自動車損害賠償保障法により加入が義務付けられている自賠責保険と、加入が必ずしも義務付けられていない任意保険があります。

この点、自賠責保険の対象は原則として人身事故に限られていること、自賠責保険の補償は限度額が決まっていることなどから、被害者を救済するためには、自賠責保険だけでは必ずしも十分とは言えません。

実際ほとんどのドライバーが任意保険に加入しているのですが、加害者が自賠責保険には加入していたものの、任意保険に加入していないことも時々見受けられます。このような場合、自賠責保険は治療費の一括対応をしていないことから、被害者が治療費を立替える必要があるなど、被害者を極めて酷な状況に陥らせてしまう可能性があります。

このような事態を避けるためにも、ドライバーは、自賠責保険だけでなく、任意保険にも加入しておくことが望ましいと言えます。 

また、万が一、交通事故により被害を受けてしまう場合に備えて、被害者が保険に加入しておくのも1つの方法です。そのような保険の1つとして、人身傷害補償保険があります。

これは、被保険者の過失の有無にかかわらず保険金の支払いを受けることができることに最大の特徴があります。

そのため、例えば、人身傷害補償保険が付保されていれば、仮に加害者が任意保険に加入していなかったとしても、人身傷害補償保険により治療費の一括対応を受けることができます。また、加害者に対して賠償請求する際には、仮に被害者の過失分が減額されるとしても、人身傷害補償保険で減額分を埋め合わせることもできます。

なお、加害者が任意保険に加入していない場合に備えて、無保険車傷害保険を付保しておくことも考えられます。しかし、無保険車傷害保険を利用することができるのは、被害者が死亡してしまったり、後遺障害が残ってしまった場合に限定される点に注意が必要です。 

また、搭乗者傷害保険に加入しておくことも良いでしょう。これは、必ずしも損害の填補を目的とするものではありませんが、一定金額の保険金の支払いを受けることができるため、被害者の方にメリットがあると言えます。このように、万が一、交通事故を起こしてしまった場合や交通事故の被害に遭ってしまった場合に備えて、十分な保険に加入しておくことが大切です。

中村・橋本法律事務所は何度でも相談無料。
ご予約専用フリーダイヤル 0120-750-270
受付時間 平日9:00~18:00